■プロフィール

たんぽぽ隊長

Author:たんぽぽ隊長
たんぽぽ隊長による健康探検ブログ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
動きの偏りと筋感覚
パターン化された身体の使い方は、動作の偏り、関節の動きの偏りを生じ筋力のバランスにも当然偏りが生まれます。

偏ったバランスということは、使いづらいあるいは使われない部位、使われない筋肉、作用されない反射を身体の中に作ってしまうということです。
動く場所、動かせる場所、使える機能が減少していくことが、後々になって様々な障害の原因となってしまうのです。

その偏ったバランスの修正のためには、動作したり姿勢を保持したりする際の身体感覚の修正が不可欠となります。
その一つの方法が、骨感覚での動作ということなのです。

偏った身体バランスや悪しき習慣性動作を修正するために、整体したり、さまざまなエクササイズを行ったりしますが、自分自身で自分の身体を使う段階になったときに、身体感覚の修正が不十分なままで、従来どおりの使い方をすれば、同じことの繰り返しとなってしまいますからね。
動作を行う際の、自分自身の身体への意識を「骨」に求める、という感覚の修正を行った方が、必要以上の無駄な労力もなく、バランスも保ちやすいのです。


日常、私達が身体を動かそうとする際、筋肉をイメージします。
私達が身体の動きの中で、筋肉をイメージし、筋肉を使いっぱなしにしてしまうことの弊害が、偏ったバランスの一つの要因となっているのです。

一般のスポーツクラブでトレーニングするときも、動きに対してその動きを遂行させる筋肉に注意を払うように指導されます。
筋力トレーニングとしては、これはこれで、問題ないとは思うのですが、忘れがちになる骨の操作の感覚を取り戻さないと、効果の乏しいトレーニングとなったり、カラダを傷めてしまい易かったりします。

さて、筋肉をイメージして動作を行うとき、その筋肉に「力を入れる」という感覚になるのではないでしょうか。

そもそも、動作を行う場合、筋肉は「力を出す」動力源の役割をしていて、その結果、骨(関節)が動かされ、その動作が完成されるわけです。
それなのに、なぜか、筋肉は「力を出す」というよりも「力を入れる」ところという感覚を定着させてしまっている事が多いように思います。

「力を入れる」は、緊張につながり、身体を固めて硬い防御の姿勢になってしまいます。

これでは、せっかくスポーツクラブで健康のためにトレーニングをしても、筋肉への誤った感覚のせいで、リラックス出来ない「緊張型」の身体を作り上げてしまいます。


「力を入れる」から「力を出す」に切り替えるための一つの方法が「骨感覚での動作」ということになるのです。
スポンサーサイト


身体のコントロール | 16:48:26 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。