■プロフィール

たんぽぽ隊長

Author:たんぽぽ隊長
たんぽぽ隊長による健康探検ブログ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
痛いけど気持ちいい
手技療法などを受ける際に、その刺激が受け手にとって最適なものなのかどうかが、その後の反応におおきく影響することがあります。
最適かどうかは、受け手の意識下での反応と無意識下に置ける反応とをみながら施術者は、コントロールしていくわけです。
「言うは易し、行うは難し」で、熟練した名人の方は別としても、まだまだ発展途上にある者にとっては、受け手の状態や個性に合わせて、これをコントロールし使い分けるという作業が非常に難しさも感じ、また楽しさも感じさせてくれるものでもあるわけです。

そうした、刺激のコントロールを行っていくうえで、あくまで意識下のレベルにおいてですが、今の刺激が最適かどうか確認する場合、受け手の方に聞くというのが手っ取り早いわけです。
すると、
「強すぎて痛い」
「きつい」
「物足りない」
「気持ちいい」
「ちょうどいい」
なんていう答えが返ってくるのですが、中には
「痛いけど気持ちいい」
なんていう反応もあるわけです。

「痛いけど気持ちいい」、俗に言う「イタキモ」という感覚ですが、この「痛い」という感覚と「気持ちいい」という感覚、一見、相反するようなこの両者のミックスした感覚は、一度感じると病み付きになってしまうモノでもあるようなんですね。

そこで、今回はこの「痛気持ちいい」という感覚について探検開始。


「痛気持ちいい」という感覚~ある種の快感?~には、β―エンドルフィンという物質が関わっているといわれています。
これは、マラソンをしていて、途中苦しくなった状況の後に訪れるランナーズハイと呼ばれる陶酔状態にも関わっているとされる物質で、ケガなどの身体的な痛みや精神的な苦痛を感じているときに分泌されます。
筋肉や関節などを刺激されて、ちょっと痛いかな?なんて感じると、脳内ではβ―エンドルフィンが分泌され、やがてランナーズハイにも似た陶酔状態へトリップ、これが生理学的に見た「痛気持ちいい」の正体なのです。

また、脳における刺激の認知を行う部位でも「痛い」と「気持ちいい」の両者の感覚には、リンクしやすい理由があります。
それは、「痛い」刺激と「気持ちいい」刺激は共に、前帯状回皮質という部位で感覚されるのです。「痛い」は後方部、「気持ちいい」は前方部という若干の違いこそあれ、脳のほぼ同じ場所で感じているのです。
このため、「痛い」と「気持ちいい」がリンクされ「痛気持ちいい」という一風変わった感覚が生じやすくなっているようなのです。

施術家にとっては、受け手の無意識下での反応に基づいて、施術のコントロールをして、本人が気付かない所でカラダの状態を整えてしまうということは、この上ない醍醐味でもありますが、受け手の方からの「痛気持ちいい」というようなストレートな反応も、正直嬉しいものです。

ただ、この「痛気持ちいい」という感覚、β―エンドルフィンというモルヒネに似た物質が関わっておりますので、その心地よさが度を越して、施術者への極度の依存に変わらないよう、くれぐれもご注意下さい(笑)




スポンサーサイト


身体感覚 | 00:12:04 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。