■プロフィール

たんぽぽ隊長

Author:たんぽぽ隊長
たんぽぽ隊長による健康探検ブログ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
自分にあった靴を履こう!
靴選びって実に難しいものです。
靴を買いに行って、靴を選ぶ際にはいろいろと悩むものです。
まずは見た目。その時の流行やデザインや色、素材などなど。
次に実際に履いてみての履き心地もチェックしますよね。
まぁ あとはブランドやお値段なども購入の際には重要な要素となりますでしょうか。

用途によっても、いろいろと条件は変わってくるかとは思いますが、今回は、自分にあった靴を選ぶ際のチェックポイントを紹介したいと思います。

雑誌などでこの靴いいなーと思っても、その靴がたとえおしゃれで流行のものあっても、自分の足にあっていないものであれば、その影響は自分の体に跳ね返ってきます。


どんな方でも、靴を買う際には自分の足のサイズにあうものを選びますよね。
最低限、カカトから指先までの長さと、横幅ぐらいはチェックします。

でも・・・

これだけでは、なかなか自分にあった靴を選ぶことは難しいんですよ。
それでは、靴選びのとき、知っておくといいポイントを紹介しましょう。

ポイント①
靴は履いた時に、足の指が圧迫されないで、開放されていること。

つま先には、少し隙間があるくらいがちょうどよいと思われます。
もし、指先が窮屈な靴で、足指が前や上、横から圧迫されると、指が痛くなったり、不自然に折れ曲がったハンマートウという状態になって、指の甲側にマメが出来てしまいます。
また先端が細くなった靴を履いて親指や小指が圧迫されると、外反母趾や内反小趾になってしまいます。
これは、長さの点でも横幅の点でもあっているかどうかのチェックになりますから、チェックされている方も多いはずですが。


ポイント②
カカトが安定すること

通常、私たちが立っている場合、体重はカカト・母趾球・小趾球の三点に分散されます。中でもカカトがうまく使える状態で、カカトから体重が開放される状態がいいとされています。
体重が三点にうまく分散がなされず、一箇所に集中してかかると、その部位の皮膚が硬化して、角質が増えたり、マメが出来たりします。
いくら、角質やマメを削っても、靴を変えない限り、永遠に出来続けるわけですね。
そのためにもカカト寄りに体重をかけてみても安定できる靴を選ぶ必要があるのです。

それから、歩行時にはカカトから接地する事が基本となりますが、運動中に踵骨(しょうこつ:カカトの骨)が少しでもぐらつけば、全身の疲労度が倍増してしまい、アキレス腱の痛みやふくらはぎのむくみなどにもつながります。
踵骨の大きさやには個人差がかなりあって、仮に同じ足長であっても、踵骨の幅や長さは人によって全然違うものです。
踵骨はだいたい園児から小学校低学年位に発達すると言われていますが、一般に踵骨がしっかりしていると、体のバランスも安定感があり、運動にも適しています。
余談ですが、宮本武蔵の踵骨は、非常に大きく発達していたという逸話も残っているようですね。
反対に、踵骨が小さい人は、自身の体重や骨格を支える力が弱くなりますから、当然捻挫しやすく、つまずいて転びやすきなります。
そうした意味からも、カカトが安定できる靴を選びたい。
裸足ではバランスのいい方でも、合わない靴のせいで、それを損なってしまってもいけませんし、踵骨が小さめの方の場合には靴の力を借りることによって、それを補ってもいけるのです。
靴の中で、カカトがぐらつかず、優しく包まれているような感覚が重要ですよ。


ポイント③
土踏まずが安定すること。

土踏まずは、「縦アーチ」と「横アーチ」とによって形成されます。
偏平足や開帳足を防ぐには、土踏まずの部分に、適度な盛り上がりが必要です。その盛り上がりによって、足の骨の理想的なアーチが保たれるわけです。
そして、体重がカカト・母趾球・小趾球の三点に上手に分散され、疲れにくくなり、足の変形もふさぐことが出来るのです。


ポイント④
靴底の柔軟性と、足指の長さが一致していること。

足指と付け根の関節から指先までに長さと、靴底が曲がる箇所が一致していることが大切です。
歩行時、この部分の長さが一致していないと、足の蹴りが十分に地面に伝わらないため、推進力が落ちてしまいます。
そのため、歩行する一歩一歩の負担が増し、足の変形や痛み、疲労へとつながります。


ポイント⑤
動作によるぐらつきがないかどうか。

靴を試しに履いてみて、数歩歩いてみたりすることもあるかと思いますが、その際にお試し下さい。
それは、つま先を進行方向に真っ直ぐに向けて歩く(足踏みする)ことと、つま先を左右にそれぞれ30度ずつ開いた状態で、歩く(足踏みする)こと。
この2つの動きで、足がぐらつかず、さらにこれまで紹介した4点に不具合が生じなければ、自分の足にあっている靴と言えるかと思います。


これら5点をチェックしていくと、さすがに時間もかかります。
とはいっても、靴が体に与える影響って計り知れないものがありますので、じっくりと吟味して、自分にあった靴を選びたいものです。

お試し下さい。



スポンサーサイト


健康あれこれ | 15:21:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。