■プロフィール

たんぽぽ隊長

Author:たんぽぽ隊長
たんぽぽ隊長による健康探検ブログ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
深~い呼吸
誰しも、何らかのストレスや痛みを感じると、その反応は呼吸の深さに現れます。

一般に、呼吸が深く出来ている状態は、身体がリラックスできている時。
逆に浅くなっている状態は、緊張モード、緊急モードとなります。

ピッチャーがゲームの緊迫した場面で、マウンド上で大きく深呼吸するのも、気持ちが高ぶったその瞬間、無意識に身体は緊張モードとなり、結果、呼吸が浅くなってしまうわけで、それを深い呼吸によって、リラックスモードに導いているわけです。


そのほか、呼吸に影響を与える代表的な要因は、痛み。

例えばぎっくり腰で腰が痛い人がいるとします。
ちょっと動いた瞬間に襲ってくる「魔女の一撃」。
腰が痛いというだけで、身体は緊張モードになっていますから、当然呼吸は浅くなります。
それに加えて、その痛みを感じないように、恐る恐る動作しますよね。
そんな時、呼吸はどうなっているでしょう?
恐る恐る動く時には、息をひそめるように、あるいは息をころすように、個人によっては、呼吸そのものを止めてしまいませんか。

このように、ストレスや痛みなどを感じると、私たちは、無意識に呼吸を浅くさせてしまうものなのです。


ある期間、痛みやストレスなどによって、本来とは異なる緊急時用の呼吸パターンを続けていた場合、その方の痛みなどを、施術によって改善できたとしても、その方の呼吸リズムが、痛みを感じていた時と同様だったとしたら、どうなるでしょう?
その方の呼吸が、ストレスを感じた時と同じ、浅いままだったとしたら?

本来の状態とは異なる浅い呼吸パターンは、それが引き金となって、一時的にぎっくり腰が良くなっても、そのうちまた腰の痛みを再発させます。
感じていたストレスが解消できたなーと思っていても、浅い呼吸パターンは、次のストレスへの抵抗力(許容量)を低下させてしまいます。

呼吸には、二つのパターンがあります。
一つは腹式呼吸。

リラックスしていて穏やかな状態が、腹式呼吸のパターン。
ヨガや太極拳などでもこのパターンでの呼吸を行いますよね。
普段の生活においても、呼吸が深く出来ている時は、下腹部が膨張-縮小を繰り返す腹式呼吸が主となります。
下腹部を中心としたその呼吸リズムにおいては、呼吸による振幅によって、身体が無意識に前後に揺れています。

そうそう、人間って、直立した姿勢で立っていても、必ず身体の揺れが起こっています。
本当の意味での静止状態って出来ないのです。
揺れながらバランスを取る、これが人間が行っている姿勢のつくり方となります。

その揺れが、本来その方が持っている揺れのリズムと一致していると、身体全体の不必要なこわばりは起こらなくなります。
身体のコアの部分が適度にリラックスすることで、血行やリンパなどの循環も促進されていくのです。
そして、筋肉や関節なども緩んでいきます。

腹式呼吸のような深い呼吸による、程よい揺れは、生体内のリズムを穏やかにして、リラックス出来る身体をつくってくれます。

その作用は、自律神経にも影響を与えます。
身体各所のリラックス状態は、副交感神経優位の状態へと身体を導き、内臓の働きも本来のものとなります。


呼吸パターンのもう一つは胸式呼吸。
激しく運動をして、ゼーゼーハーハー、肩で息をする状態は、胸式呼吸の最高潮の状態となります。

日常レベルで、肩で息をすることはまれですが、ストレスや痛みがあると、自然に呼吸は胸式呼吸が主役となります。

男性に比べ、女性は腹式呼吸が苦手で、胸式呼吸への依存する傾向が強いと言われています。
そのため、胸式呼吸に偏ったパターンへの変化は、女性の場合、よりはっきりとした形で現れることが多いようです。

痛みやストレスなどによってこのような呼吸パターンになっていると、上記のような身体のリラックス作用が起こりにくくなります。

腹式呼吸は、下腹部を中心とした動きですから、重心の位置はおへそよりやや下のあたりにきます。いわゆる「腰がきまっている」という状態ですね。
それとは違い、胸式呼吸を繰り返すと、身体の重心は、みぞおちあたりにきてしまいます。

通常、重心が高ければ高いほど、揺れに対する安定性は、損なわれていきますよね。
身体が落ち着いていられる時に重心の位置よりも、高くなっていますから、胸式呼吸にみられるような浅い呼吸を繰り返していると、身体の不安定さは増してしまうのです。
そのため、じっと座っている、あるいは立っている状態で、無意識に起こっている自然な揺れが、本来のそれより、不安定で大きな動きとなってしまいます。
そのため腰が痛い時に、患部やその周辺に施術をして、うまく症状が軽減出来、身体のゆがみを整えられたとしても、呼吸が浅いままならば、身体のバランスを不安定な状態へ導く導火線は、残ったままということになるのです。
ですから、その不安定さをカバーしようとして、症状やゆがみが、再発してしまうということになるのです。


ストレスや痛みなどから、うまく抜け出すことが出来たら、呼吸も本来のリズムに戻してあげることが大切なんです。


呼吸の深さも習慣のひとつです。
何かとストレスが多い現代社会。
そこで普通に暮らしているだけでも、呼吸は浅くなりがちです。
腹式呼吸を忘れ、胸式呼吸に依存した呼吸パターンに陥ってしまいやすいものです。

その時になって、いざ、大きく深~い呼吸をしてみようとしても、ゆったりと息をはくことってなかなか出来なかったり、大きく息を吸い込もうとしても苦しくなってしまったり、呼吸するって意外と難しいことがわかります。

深く呼吸することに慣れていくと、身体のバランスも大崩れしませんし、その上リラックスさせることが出来ます。


もし今、あなたの呼吸が浅くなっていることに気付いたら、ゆったりと大きな、深~い腹式呼吸をお試しください。

スポンサーサイト


身体のコントロール | 20:00:48 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。