■プロフィール

たんぽぽ隊長

Author:たんぽぽ隊長
たんぽぽ隊長による健康探検ブログ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
解毒
昨年あたりから巷で話題のデトックス。
今回は、そのデトックスについて。

そもそも、デトックス(detox)は解毒という意味で、体内に蓄積された毒素を出し、身体が本来持つ力を取り戻して健康増進を図るという考え方です。

それがこのように話題になったのは、いわゆるセレブと呼ばれている方達が、美容法として取り入れ、紹介したことから始まったようですね。

とはいっても「解毒」という考え方は決して新しいものではありません。
古代エジプトでは、ハーブを使ったアロマテラピーによって「解毒」が行われていたようですし、アーユルヴェーダでは約5000年前からその考えが提唱されていましたし、東洋医学でも、「余分なものを取り除けば健康を取り戻すことができる」という考え方は根底にあったようですね。
つまり、デトックスとは新しい健康法ではなく、古今東西、多くの人々が行ってきた、自然なスタイルの健康法でもあるのです。

それがここに来て注目を浴びているのは、単に美容的な発想のみならず、現代が、環境汚染や食品添加物等さまざまな理由から、知らず知らずのうちに身体に悪い影響のある物質が取り込んでしまいやすい環境下にあるということも一因なのではないでしょうか。

体内に有害物質(毒素)が蓄積されると、さまざまな体調不良の原因にもなることが言われていますからね。


通常、私たちの身体に入ってきた有害物質は、便や尿などによって体外に排泄されます。
本来、人体には不要なものを尿や便、汗から排出する、という働きが備わっていますが、過剰に摂取している場合や大量に蓄積されていると、排泄機能が追いつかないことになります。
また、脂溶性の物質は、尿や汗から排出させることはできませんから、知らず知らずのうちに、有害物質が身体の中で蓄積されてゆくのです。

体内に蓄積された有害物質は、最初はほとんど無症状のようですが、やがてじわじわと体調の不調をもたらします。
例えば、身体のだるさ、頭痛、肩こり、冷え、むくみ、のぼせ、肥満などなど。
重篤になれば、肝臓や腎臓機能などの障害へ至る場合もあるようです。

もし、これらの症状に悩まされている方は、姿勢や身体の使い方のクセの改善などに加えて、デトックスを取り入れることで、これらの体調不良から解放されやすくなるケースが多いようです。

うまく、デトックスで体内の有害物質を排泄できると、さまざまな効果があると言われています。
代表的なものを紹介すると、美容的な効果としては、老化予防、ダイエット効果の促進、美肌効果。
健康的な効果としては、血液・リンパの流れの改善、便秘・むくみ・冷え症・肩こりなどの解消、生活習慣病の予防などや免疫力の向上。さらに、不眠解消やストレスがたまりにくくなる、アレルギーを起こしにくくなるといったものなどが挙げられています。


私たちの身体に入ってきた有害物質の排泄は、上述のように、便や尿などによって体外に排泄されます。
その割合は、便75%、尿20%、汗3%、つめ・毛髪各1%とされています。
そこで、日常生活の中でうまく「解毒」するには、便、尿、汗をいかにコントロールし、効率良く毒出しするかがポイトになります。

尿や便の排出を促すためには、

十分な水分補給(1日に1.5~2リットルの水)

生活リズムの改善(とくに朝の排便習慣をつけること)

老廃物と毒素の排出がスムーズにするための適切な入浴(岩盤浴もOK)や整体・リンパマッサージなど。

たまねぎ、ネギ、にんにく、緑黄色野菜、海藻類など、食物繊維の豊富な食材の摂取(無農薬や有機栽培のものならなおよい)。


現代は、有害物質を体内に取り込みやすい環境下にありますから、多かれ少なかれ、万人に共通して「解毒」の必要があるとも言えますね。

普段から、毒素を排出できるような生活を心がけてみてはいかがでしょうか。
スポンサーサイト


健康あれこれ | 14:14:57 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。