■プロフィール

たんぽぽ隊長

Author:たんぽぽ隊長
たんぽぽ隊長による健康探検ブログ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
夏の冷え症
冷え症で悩む女性は年齢を問わず、大勢いらっしゃいますね。
もちろん、男性の冷え症も少なくないのですが、一般的に冷え症といえば女性、ということになるのではないでしょうか。
それは何故か?
それでは手始めに、男性よりも女性の方が、冷えを感じやすいとされる理由をいくつか紹介しましょう。

まず第一に、女性は一般に筋肉は付きづらく、その量も少なく、反対に、脂肪は付きやすく、多くなりやすいという身体的な要因が挙げられます。
人間の体温は、4割以上が筋肉の働きによってつくりだされています。
女性であっても、運動をされていたりして筋肉量が多い方の場合、そうでない方に比べ、冷えも起こりにくいということが言われていますが、筋肉量が少ない女性は、当然、熱をつくりだす力も弱くなりますから、それだけでも冷えやすいと言えます。
筋肉量が少ないうえに、脂肪の量が多いとなると困りものです。
脂肪は、温まりやすいのですが、一方で冷えやすく、いったん冷えてしまうと、なかなか温まらないというやっかいなものなのです。

こうしたことから女性は、もともと冷えやすいといわなくてはなりません。

二点目に、女性ホルモンのひとつである卵胞ホルモンには、熱をつくりにくい性質があるということが挙げられます。
生理が始まって排卵期までの卵胞ホルモンの分泌が盛んなあいだ、女性は低温期を過ごさなければなりません。
男性にはそういうサイクルはありませんが、ホルモンの影響による体温の変動が冷えにつながりやすいのです。


こういった理由で、男性よりも女性に冷えが多いとされていますが、冷え症が何故、困るかといえば・・・

冷えが起こると、血流や代謝も低下しますから、ますます冷えは加速し、ついには自律神経の乱れを引き起こしてしまうケースもあるからなのです。

放置しておくと、手足が冷えることからはじまり、のぼせや肩こり、頭痛、めまい、腰痛や膝痛などの関節痛、内臓の働きの低下、便秘や睡眠への影響などなど、ありとあらゆる症状がやってくるようになるようですね。

冷えは、「冷える」という直接の症状のみではなく、さまざまに影響をもたらしますので、放置せずにしっかりと対策を講じておきたいものですね。



ところで、秋口になると、グーンと冷え性の相談が増えます。
秋口に相談が増えると言っても、寒くなりはじめてから、急に冷え症になるわけではないんです。
寒くなり始めてきてから、より強く感じるようになる冷えは、夏の過ごし方が大きく影響しているのです。

それは、冷房と冷たい食事・飲み物の取りすぎです。
暑い夏を快適にしてくれる、気持ちよく過ごさせてくれるもの達が、秋口の「冷え」のもとにもなっているのです。

冷房による冷えは以下の経過を辿るといわれています。

第一段階
冷房により身体が冷えはじめた状態。
手足の末梢血管が熱を逃がさないよう収縮している状態。
症状としては、手先や足先が中心となって冷えを感じている状態が主なものです。
血液循環には優先順位があり、脳や心臓が優先されています。
冷房により、身体が冷やされると、身体を守ろうとして血液は、脳や心臓に集まってきます。末梢の血管が収縮するのは、熱を逃がさないという目的以外に、血管を細くすることで、血流速度を上げ、脳や心臓といった最重要部位への血流を保つ意味もあるようです。
そのため、手先や足先の血流量は減少して、冷えを感じてしまいます。

第二段階
当初は手先や足先を中心としていた冷えが、腹部や腰、骨盤周辺に冷えを感じる段階。
腹部や腰部までが冷えだすと、胃腸の働きが落ちたり、婦人科の不調を感じたり、便秘や排尿にかかわる不調などが症状として現れてきます。
さらに、首痛、肩こり、腰痛や関節痛などがその症状を強めたりもします。

第三段階
身体全体に冷えを感じる段階。
手足のみならず、特に上半身を中心として、全身が冷えて温まらないような感覚が強い状態。
全身症状として、疲労感やめまい、顔や頭部に限定した異常な発汗、自律神経的な症状が現れるといわれます。
また、この段階になると、顔や手足などはむしろ熱い感覚、「のぼせ」の感覚などを訴える方もいます。
カゼをひいた時に感じる悪寒のような冷えの感じ方を訴える方もいらっしゃいます。

こういった冷房による冷えが強くなっている状態の時に、冷たい飲み物やアイス、かき氷、冷やし~/冷製~と呼ばれるような料理を過剰に取りすぎると、体内から身体を冷やしてしまいます。
体表の温度に対し、深部体温は1℃以上高いぐらいが正常な状態ともいわれていますから、中から身体を冷やしてしまう行為は、特別な事情がない限り、あまり好ましいとはいえません。
冷え症を自覚する方にも無類のアイス好き、ビール好きといった方が多いというのもうなずけますね。

夏を気持ちよく過ごしたい、というところから生まれた快適さが、「冷え」という症状を余計に強くしているものです。

冷房による冷えなど、夏の過ごし方から起こる冷え症というのは、快適さ、その場しのぎ的な気持ちよさばかりに、目を奪われてはいけないという警鐘なのかもしれませんね。
スポンサーサイト


健康あれこれ | 18:16:41 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。