■プロフィール

たんぽぽ隊長

Author:たんぽぽ隊長
たんぽぽ隊長による健康探検ブログ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
筋肉痛
筋肉痛は、誰でも一度は経験したことがあると思います。
慣れない運動をした翌日や翌々日に起こる筋肉の痛みですね。
毎日のように、スポーツなどの運動を行っている人ならいざ知らず、久しぶりに身体を動かしたり、やりなれないスポーツをやったりすると、全身または局所的に痛みが出て、歩いたりしゃがんだり、ひどいときには起き上がることさえままならないという経験をしたことのある人も、いらっしゃるのではないでしょうか。
「スポーツをするのは好きだが、翌日の筋肉痛を思うと、ためらってしまう」という方も、いらっしゃると思います。

そこで今回は筋肉痛について。


筋肉の細胞は、刺激を受けるたびに伸びたり縮んだりすることによって運動ができます。
通常、筋肉痛と呼ばれている現象は、簡単に言うと筋肉疲労によるものです。
筋肉疲労とは、普段使われていない筋肉を過剰に使ったりしたために起こります。
筋肉を過度に使ってしまうと、血液中にヒスタミン、プロスタグランジン、カリウムなどの発痛物質が発生してしまいますが、それによって筋肉に痛みを感じることになるのです。

筋肉の使い方として、筋肉が引き伸ばされながら力を発揮させる伸張性収縮(エキセントリック・コントラクション)と呼ばれるものと、筋肉が縮みながら力を発揮させる筋活動を短縮性収縮(コンセントリック・コントラクション)というものがあります。
このとき、筋肉は伸ばされながら力を発揮するときの方が、筋線維の微細損傷などのダメージを受けやすいと言われています。
筋肉痛になりやすいのは、筋肉が引き伸ばされながら力を発揮させる使い方をした部位であるということも言われています。
しかしながら、筋肉が縮みながら力を発揮させる筋活動でも筋肉痛が起きるという報告もあり、必ずしも伸張性収縮だけが筋肉痛の原因となっているとは言えず、これらのことから、どんな使い方であれ、筋肉の微細な損傷が筋肉痛につながっていると考えられているわけです。


それでは、筋肉痛が、翌日など遅れて感じるのは、何故なのでしょう。
筋肉痛は一般に、その瞬間起きるのではなく、半日から1日遅れで発生します。よく年齢を重ねると、翌々日に筋肉痛が出てきて、「齢だな~」なんていう会話にもなったりもします。
これは、いったいどういうことなのでしょうか。

よく言われるところの、筋肉の微細な損傷が筋肉痛の原因だとすれば、損傷を受けたその瞬間、痛みを伴ってもよいはずですよね。
運動後数時間から数日経過した後生じる筋肉痛は、「遅発性筋肉痛」と呼ばれるものなのです。

少々専門的な話になりますが、筋細胞は筋膜という膜で覆われていて、筋の損傷と同時に筋膜を含めた組織全体の損傷も考えられます。

また、筋が損傷することによって炎症性の化学物質であるブラジニン、ヒスタミン、セロトニンなどが生み出されるわけですが、これに加えて、筋の損傷を修復する過程で、タンパク分解酵素や白血球などによる二次的な損傷が原因となっている可能性が高いとも言われています。
筋細胞の損傷が進むと、損傷された部分を再生にするために、白血球による食作用と呼ばれる筋肉内の掃除を行います。

修復過程中のこの作用が、二次的な損傷と損傷後に起こる広範囲な炎症反応を発生させ、これが遅れてやってくる筋肉痛の主な原因であると考えられています。

これまでは、筋肉痛は、乳酸などの疲労物質の蓄積が原因であるとされてきましたが、実は乳酸は筋肉痛や疲労の原因ではなく、疲労をやわらげてくれる物質という報告もされています。
激しい運動をした時に、乳酸が筋肉に蓄積するのは、エネルギー不足を補うための準備なのだということなんですね。

少し前まで信じられてきたものが、研究が進むと覆されたりもしますから、常にアンテナを張り巡らせておかないといけませんね。


話は変わりますが、ウエイトトレーニングに励んでいる人が、前回のトレーニングの出来具合(効き方?)を評価するときに、この筋肉痛を目安にしているというケースも多いようですね。

例えばスクワットなどで、下肢の筋肉をトレーニングした翌日に脚に心地よい筋肉痛があると、「昨日のトレーニングはいい感じで刺激できたようだ」と満足できたり、一方で、昨日あれほど追い込んでトレーニングしたのに、筋肉痛がなかったりすると「おかしいな。効いてないなー」という感覚になったりするようです。
トレーニング効果=筋肉痛
ではないことは多くの研究でも指摘されているわけですが、スポーツ選手やトレーニングの愛好者でさえも、トレーニングの出来不出来を筋肉痛を通して評価するという方々は、少なくない割合で現実にいらっしゃるわけです。

効果としての筋肉痛を追い求めるあまり、急激な負荷を掛け続けると、そこには、筋肉痛ではなく「故障痛」が待っています。
せっかくのスポーツやトレーニング、これだけは避けたいものですね。

スポンサーサイト


疲労 | 12:35:08 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。