■プロフィール

たんぽぽ隊長

Author:たんぽぽ隊長
たんぽぽ隊長による健康探検ブログ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
運動の後で
さぁー これから運動を始めましょう!
というとき、大抵の方は準備運動をしますよね。
丁寧にしっかりやるとかやらないとかは抜きにして、少しカラダをあたためて、カラダを伸ばして・・・と考えるかと思います・・・

が・・・

運動を終えて、クールダウンをしっかりとされる方って意外と少ないのでは?

多くの場合、
クールダウン=筋肉のストレッチ
と理解されていると思います。

なまった身体を運動させたあとに襲ってくる「筋肉痛」のイメージもあってか、運動後にケアすべきは「筋肉」というのが、一般的な認識ですよね。
実際、トレーナー向けの文献などにも「クールダウンでは筋肉をストレッチするなどして・・・・」などと記載されています。

ウォーミングアップの段階では、運動のための準備として、筋肉をあたためるということは大切で、そのために「筋肉」を意識する必要はあるわけです。
筋肉が車でいうところのエンジンに相当しますからね。
車同様初めにエンジンをあたためるということは理にかなっているわけです。(今の車ではすぐに発車できますけど)


一方、クールダウンにおいては、筋肉をリラックスさせることも勿論大切ですが、「関節」のケアもそれ以上に重要なのです。

運動を行っている時、関節には、常にストレスがかかっているのは誰もが理解できるものと思います。
人間の骨格には重力がかかっていますから、その重力による抗力がまた地面より関節へと圧力を常にかけ続けているわけです。
運動をするということは、それぞれの動きに対してそれらを表現する筋肉を繰り返し使うだけではなく、この関節にもストレスをかけ続けているということになるのです。

行うスポーツや動きには大なり小なり決まったパターンの繰り返しという側面があります。
さらに、その運動を行う方、それぞれにも身体のクセというものが存在しています。
一人一人の動きのクセによって、反復される身体の動きの中で、関節の可動を特定の範囲で限定して使ってしまい、関節構造にある特定の方向からのストレスの頻度を高くさせるという結果となります。

関節に(もちろん筋肉にも)、常に様々な方向から、均等にストレスがかかっているのであればまだ良いのですが、このある特定のクセによる偏ったストレスのかかり方は、関節の動きそのものの機能を低下させ、構造的にも影響を与えてしまいます。


特定のくせを持った動きによって常にストレスにさらされる関節は、その働きを低下させ、いわゆる「ゆがみ」の状態へと発展し、さらにその機能を制限していきます。
こうして起こった関節の可動制限は、関節の緊張とともに関連する筋肉の緊張、硬縮へとつながっていきます。

余談にになりますが、筋肉が硬く緊張し、柔軟性を欠いた身体というのは単純に筋肉が硬い、緊張しているというだけではなく、こうした関節へのストレスによる関節の緊張からひきおこされている場合が多いのです。

そういう部分において、クールダウンでは「筋肉をリラックスさせる」ことは大切なのですが、筋肉のみをストレッチすることがクールダウンの本来の姿ではないのです。
運動後の筋肉の張りやこわばりは、使った筋肉の疲労によるものばかりではなく、関節ストレスの代償として起こっているという要素もあるのです。

使った関節をケアする

これが大切なポイントなのです。

ストレッチで筋肉を伸ばすことは、関節を動かすことです。
関節が動くということは、筋肉を縮める・伸ばすことでもあります。

運動後、使った筋肉をストレッチして、筋肉が伸びた実感のみで、クールダウンを終えるのではなく、使った関節の滑らかな可動が回復するところまで、意識をもって取り組むことが大切なのです。

運動後、疲れきった状況の中で、しっかりとクールダウンを実施することは難しいものです。
そこで、チームメイトや仲間とパートナーとなって、お互いにケアをするという方法はいかがでしょうか。

第三者の視点も借りつつ、自分のカラダを把握し、そして整えるというのもいいものですよ。


スポンサーサイト


疲労 | 13:34:15 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。