■プロフィール

たんぽぽ隊長

Author:たんぽぽ隊長
たんぽぽ隊長による健康探検ブログ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
筋肉と神経
前回まで、筋肉への感覚の修正の必要性とその方法として「骨感覚」の回復を提案しました。
今回は筋肉と神経について、書きたいと思います。

まずは、神経について整理しましょう。

人間の身体の働きは、神経系と内分泌系とによってコントロールされています。
このうち神経系は、中枢神経と末梢神経に分かれます。
中枢神経は脳と脊髄からなり、さまざまな感覚情報を集め処理し、命令や反射的運動をコントロールしています。
つまり情報の収集、処理、命令といった働きをするコンピューターのような部分です。

一方、末梢神経は、全身に信号を伝達したり、身体の各所からのあらゆる感覚情報を中枢へと伝達するために、体中くまなく張り巡らされているコード(ケーブル?)のようなものです。

この末梢神経は、体性神経と自律神経の二つのグループに分けられます。
さらに、体性神経は、身体各所の感覚情報を中枢へ伝達する感覚神経と、中枢からの命令(運動の指令)の信号を末梢に伝える運動神経に分かれます。
この体性神経の役割は、自分自身と外の世界との関わりを適切にするというものです。外界の情報をキャッチし、それを中枢へ送り、中枢からの命令によって、身体を反応させるというものです。

これに対して、自律神経は自分の内側の世界のコントロールを担当しています。具体的には、心臓や胃といった内臓や血管などに対して働く神経系ということになります。

この自律神経は交感神経と副交感神経からなり、ほとんどの臓器はこの両者から支配を受けています。
交感神経と副交感神経シーソーのようなバランスのさじ加減で適切にコントロールされるようなメカニズムとなっています。

さて本題。
体中に張り巡らされた末梢神経がもたらす情報は、脳や脊髄といった中枢神経と結びついています。
そして、その情報は身体各所の状況を休むことなく送り続けているわけです。
「膝の関節は今これぐらい曲がっている」
「首の筋肉はこれぐらい収縮している」
「足元が冷えてきたようだ」
などなど。
私達の意識にのぼる情報から、無意識下で処理される情報まで、情報に対してそれに見合った処理と命令が行われているわけです。

例えば、この体性神経の感覚神経が、筋肉の緊張を中枢へと伝えているとします。
すると、中枢神経は緊張状態となります。
そして、緊張状態に見合った運動神経を通じての処理がなされるわけです。
さらに、緊張の情報が入力されたわけですから、もう一つの末梢神経である自律神経でも緊張状態にあわせた体内環境の命令をおくります。
具体的には、交感神経優位の支配となり、内分泌系や内臓、血管などは緊張状態の反応を示すようになるわけです。

同様に、筋肉が脱力したリラックスされた状態に置かれれば、感覚神経はリラックスの信号を中枢へと送ります。
すると、脳は自律神経の副交感神経優位の信号を発し、身体全体はリラックスした状態へと変化していくのです。

神経系を解説する際、どうしても中枢神経―末梢神経と分けてしまいますが、機能的な面から見ると、それは分けることが出来ないものだということを再認識させられます。
そして、感覚神経に乗せる情報源である感覚器や筋肉と、脳などの中枢で処理された命令を表現する効果器である筋肉などは、いわば外界に開かれた脳の一部だといえるわけです。

筋肉を、単なる出力のための道具としてしか認識していないと、「力を入れる」のみの働きが強調され、その結果、力を入れた緊張状態の情報が中枢へ送られ、それが長期化すると、脳も緊張情報でいっぱいの状態になってしまいます。

筋肉は脳へとつながります。
筋肉は「力を出す」部分であり、感覚器でもあるのです。

筋肉が疲労しているときは、脳も疲労しています。
頭がすっきりしないのは、筋肉もすっきりしていないからです。

最近は「脳力トレーニング」なるものが流行っていますが、全身があっての「脳」という視点を忘れないようにしたいものです。
スポンサーサイト


身体のコントロール | 14:36:10 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。