■プロフィール

たんぽぽ隊長

Author:たんぽぽ隊長
たんぽぽ隊長による健康探検ブログ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
急性腰痛になったら
腰などが急に強い痛みに襲われ、動かさないように安静にしていると、かえって痛みが強くなったりした経験はありませんか。
そして、症状がしつこく長引いてしまった経験はありませんか。

過保護すぎるほどの安静は、痛みを強くしたり、長引かせたりもします。
動かさないと症状が悪化し、長引いてしまうその理由は・・・

これは、背骨などの関節のゆがみ、つまり関節制限によって引き起こされる現象で、「侵害刺激の入力の増大と、圧・動き刺激の入力の減少」と解釈されています。

発生した痛みの原因が、損傷からくる物理的な痛み、それに伴う炎症からくる化学的な痛みなど何であれ、これらはすべて「侵害刺激の入力の増大」をもたらします。

どんな原因であれ、ある痛みが発生すると、患部の筋肉の緊張は増します。
これによって筋肉由来の痛みも加わります。筋肉が緊張を増すと、血流も低下します。すると虚血性の疼痛が生じます。
こうして痛みは二重三重に増幅します。
血流の低下が進むと、患部の治りも悪くなり、筋緊張も持続します。
この結果、「痛みの悪循環」は引き起こされ、痛みの増大と慢性化が始まり、「侵害刺激の入力の増大」に拍車がかかるのです。

痛みをきっかけにした「侵害刺激の入力の増大」は、痛みの増大にとどまらず、いわゆる不定愁訴にまで発展していくんですね。
最初はちょっとした「痛み」であっても、残しておくとどこまでも発展してしまうので、早期の痛みの解消が重要ということにもつながっていくんです。

しかし、
「どこかを傷めてしまった」
これ自体は不可抗力的なものもあるでしょうから、そこで生じる「痛み」そのものはある程度は仕様がない部分もあるんですが、問題はその次なんです。

加齢に伴って、あるいは運動不足によって、人の身体は柔軟性を失っていきます。
柔軟性を失った身体は、ちょっとの拍子で傷めやすくなります。
すると痛みが生じます。
痛むと動きたくなくなるので、動かさないようになります。
結果、受傷部位付近の背骨や骨盤の関節が不動化します。
するとその周囲の筋群が、緊張を増したり、短縮したりなどといった状態に陥り、これがまた関節の不動化に拍車をかけます。
こうして「動かさない」から「動かない」へと進行していきます。

このような関節の不動化は、その周囲付近の組織からの圧・動き刺激の入力の減少をもたらすと考えられています。

すると、困るんです。

通常は、身体のあちらこちらでおこる「痛み」の感覚に対して、脊髄レベルでそれを適切な「圧・動き刺激の入力」によって抑制し、必要以上の「痛み」を脳では感覚しないで済むよう作用しています。
これが関節の不動化が起こることによって、抑制が効かなくなり、「痛み情報」の入力は増すばかりとなります。
ただでさえ侵害刺激が増しているところへもってきて、それを抑える役目を担う圧・動き刺激が入ってこないのでは、身体情報としては過剰なほど「痛み感覚」は脳へ入力されていきます。

見る見るうちに悪循環。

このように急性の腰痛を考えると、睡眠後に症状の悪化を引き起こしたり、安静にしてすごした後の動き出し(トイレに行くために身体を起こす、体勢を変える・・・など)といった際の困難さは、十分に理解することが出来ますね。
動かさないことで、症状は強く、長引いていくんですから。


身体を正常に機能させるには、関節がきちんと動いて、「圧・動き刺激の入力」が適切に行えているかが鍵になります。
不動化された関節があっては、あまりよろしくないのです。

痛みの結果として動かさなくなる、日ごろの運動不足で身体が固くなる・・・など「動かさない」、「動かない」といった状態は症状の長期化、慢性化や様々な不定愁訴の出現などの要因となりうるものですから、注意したいものですね。

過剰な侵害刺激と、過少な圧・動き刺激。

この悪循環で痛みは増すし、筋肉は緊張しまくるし、うまく動けなくて日常生活に支障をきたす、おまけにワケのわかんない不定愁訴まで招くなどなど、どうしようもなくなってくるんです。

これが私達がいうところの「関節のゆがみ」がもたらす不調・症状の本質なのです。
この悪循環を背骨などの関節を調整すると、不調がよくなっていくのもうなずけますよね。


繰り返しになりますが、急性の腰痛に襲われてしまった時に、どういう対応が望ましいかというと、無理をせず「動かすこと」なんですよね。
言い換えると「圧・動き刺激の入力 」を適時、行うこと。

このとき注意したいのが、痛いのを無理して行うことは絶対に避けるということ。
微小であれ、損傷の可能性があるので、それを無理して動かすことで、悪化させることは本末転倒ですから。

動かす方向は、痛みを感じない方向。
それも痛みを感じない動きの範囲で。
腰を曲げると痛くて、ねじることが大丈夫なら、痛みを感じない範囲でねじる。
そうすることで、その脊髄レベルへの「圧・動き刺激の入力 」がなされ、痛みの抑制にもつながります。

動きの方向は、アバウトでOK。少し反らし加減で、左に倒しながら右にねじる・・・なんていう動かし方でもいいんです、この場合。
「痛くない限りあらゆる方向」というのが、ポイントなのです。

そうすることで、痛みの抑制も起こるし、関節の不動化に伴うさまざまな悪循環もストップさせられます。
動かさない間に圧・動き刺激の入力減少がより顕著になって症状が進行するのです。

痛みを感じない範囲で、あるいは痛くない方向には積極的に動かす、これがポイントです。


・・注意・・
 もし、あらゆる姿勢において、それは立っていても、座っていても、横向き寝、仰向け寝、うつ伏せなど、安静にしている状態であっても、ズキズキとした痛みを変わらずに感じていたり、動かせる方向が全くないという場合には、内蔵疾患からの痛みであることもありますので、その時は至急、専門医へ。



スポンサーサイト
痛み | 00:14:51 | Trackback(0) | Comments(0)
関節調整が効く理由
背骨や骨盤などの関節調整が「効く」理由は、今日では様々な研究で明らかになっています。

昔は、「ボキボキと背骨などの関節を矯正することによって、ズレた骨が元に戻るため」などと説明されてきましたが、これは、誤った認識となります。
「ズレた関節を元に戻す」という操作ではなく、「不調のある関節(ゆがみのある関節)に刺激を入れること」そのものが身体にとって有効性があるのです。

通常、痛みを伝えるのは、細くて伝道速度の遅い神経線維です。
そして、固有受容器とよばれる関節のセンサーからの情報伝達に代表されるような、太くて伝導速度の速い神経線維は、何事もないときには、この痛みを伝える神経線維のはたらきを抑制しています。

身体の関節(背骨にある椎間関節、骨盤の仙腸関節、肘、膝など)には、関節の状態についての情報を感知するセンサーが存在します。
このセンサーを固有受容器といいますが、このセンサーは、関節が、現在どのような状態にあるかを脳へ送ります。
関節が曲がっている状態なのか、伸びている状態なのか、それはどれぐらいの曲がり方(伸び方)なのか、関節への体重のかかり方はどの程度なのか・・・などなど。

関節の状態が正常であれば、センサーから太い神経線維を伝わって、絶えず脳へ情報が送られていますから、必要以上の痛みの感覚は抑制されているのです。
ところが、関節の可動性減少など、何らかの理由で太い伝導速度の速い神経線維のはたらきが低下すると、痛みの線維の抑制が低下して、より強く感じられるようになるのです。
その増幅された痛みの感覚により、様々に痛みの悪循環が起こり、慢性的なものへと移行しやすくなります。

関節に対して、素早い“トン”という刺激を入力すると、関節のセンサーに作用し、太い神経線維のはたらきを整えます。
したがって、背骨などの関節へのアプローチは、太くて伝導速度の速い神経線維のはたらきを正常に戻して、痛みの線維の抑制を回復させることになります。

背骨などの関節へのアプローチは、単に関節の状態を整えるだけではなく、神経系の調整を行っているということがいえるのです。



また、関節へ可動域を広げるような高速の刺激を入力した場合には、関節内にある滑液(かつえき)の一部が気化します。
その際、発生する音がいわゆる「ボキ」という音ですが、これは、シャンパンなどの栓を開けた途端に鳴る「ポン」という音の発生と同じ現象です。
関節は通常は負の圧力下にあり(関節を構成する骨同士を引き寄せあう圧力)、それにより関節部に強靭な安定性が保たれています。
関節に刺激を入力し、高速に動かされると関節は空隙化といわれる状態になります。この空隙化が起こるとき、実際的に4つの効果があげられます。

1、関節の可動性が大きくなります。ガスが関節の中心に移動し蓄積されるにつれて、突然「ポキ」とはじける音がする。これによって関節は負の圧力を失います。その結果、 圧力の欠如により、関節内の可動性が大きくなります。これにより、可動性の減少という関節そのものの不調を改善します。

2、負の圧力がなくなると関節が広くなり、筋肉に反応が起こります。
その結果、関節内のスペースが大きくなり、それに伴って周囲の筋肉をリラックスさせる効果があります。この効果は、緊張している筋肉をリラックスさせ、関節と筋肉との関係性を適切な関係へと導きます。

3、神経に反応が起こります。
身体の関節には、関節の状態についての情報を感知するセンサーが存在することは説明したとおりですが、瞬間的に関節内のスペースが広がると、これらのセンサーは一般に強く興奮します。この興奮により、脳に送るセンサーからの情報が極端に多くなり、脳や脊髄への痛みの情報伝達が阻害されます。これは、メルザックとウォールの「ゲート・コントロールメカニズム」として良く知られる現象です。
これにより痛みの信号はブロックされ、軽減されます。

4、自律神経にも反応が起こります。
適切に行われた関節に対する操作が、自律神経系を介した反射作用で患部への血流の増大などを起こすことを証明する研究結果が数多く報告されています。
背骨や骨盤などへの刺激の入力が、自律神経のバランスの改善にも有効といえます。
一部、内臓疾患に対する関節調整の好影響の多くも、同様の自律神経系の反射作用によるものと考えられています。

まとめると・・・

関節の調整によって

神経の働きを整える
神経系の反応を利用した鎮痛システムの作動
関節可動性の改善
筋のリラックス
血流改善
自律神経バランスの改善
などの効果が期待できます。

その結果、ゆがみによる悪循環を断ち切り、健康へと導かれるのです。



ゆがみと健康づくり | 12:52:02 | Trackback(0) | Comments(0)
ゆがみ
最近では、TVや雑誌などでも背骨や骨盤のゆがみなどが取り上げられることが多くなりました。

とはいっても「ゆがみ」って、いったいどんなものなのか、いまいちピンと来ない方も多いはず。
そこで、今回は「ゆがみ」について。

通常、私達が言う「ゆがみ」とは、直接には「身体の可動部分である関節におけるトラブル」を指します。
それは、背骨や骨盤、さらには肩や腕、膝や足など、関節が存在する部分であれば、至る所に発生しうるものなのです。

ある関節に「ゆがみ」が発生すると、その関節が本来持っているはずの役割を、十分に発揮できなくなります。
そして、そこに生じた関節機能のトラブルは、それだけにとどまらず、筋肉や神経なども巻き込んだ形で、悪循環を形成していきます。
それが「ゆがみ」による身体の不調となるです。


「ゆがみ」がもたらすと考えられている、様々なトラブルは、主に以下の5つの要素に分類されます。


○関節の障害・・・運動病理学による見解
・可動範囲の減少や消失、亢進(動きすぎ)など可動性のトラブル
  →動かないことでの動きに伴う負担の増加。
   動きすぎによる支持力の低下(不安定な状態)。
   動かすと関節がロックする。
   動かすとボキッというような音(クリック音)がする。
・靭帯、椎間板、関節へのストレスが増加する
・背骨全体のカーブが見かけ上、不整列な状態になる
・痛み。
・正常な姿勢やバランスの乱れと他部位での代償(かばう形での補正) の出現。  
→他部位への負担が増加。

○神経系の不調・・・神経病理学による見解
・神経機能が過剰になる、もしくは過少になるなどの機能障害。
・神経の機能異常により、自律神経機能障害(内臓機能など)や感覚や 筋力などの低下、痛みなどの誘発。

○組織の障害・炎症・・・組織病理学による見解
・腫脹(腫れ)
  →異常な圧力が関節とその周辺組織に加わる。
・局所的な発熱。
・機能障害の出現。
・痛み。
・異常な損傷や磨耗による関節や周辺組織の状態の変化。

○筋肉の不調・・・筋肉病理学による見解
・筋肉の緊張
・軟骨、靭帯、腱への負担
・痛み。
・遠隔部位への痛みの誘発。
・アンバランスな姿勢の原因。

○全体的な健康への影響・・・病態生理学による見解
・健康状態の喪失。
・老化の進行を助長。
・慢性的な疲労。
・身体的、精神的ストレスへの順応性低下。
・病気への抵抗力減少。
・関節の退行性変性、骨の変形、椎間板の破壊など。

上記以外にも、正常な血液やリンパの循環にも悪影響を及ぼすことも指摘されています。


一口に「ゆがみ」といっても、いろいろに影響を及ぼしているのです。
また、上記の徴候が見られる場合、それが適切に解消されずにいると、さらなる「ゆがみ」を招き、二重三重の不調へとつながっていきます。

「ゆがみ」の解消は、お早めに。


ゆがみと健康づくり | 00:11:55 | Trackback(0) | Comments(0)
ストレス考
さまざまな不調の原因となったりするストレス。
現代社会は、ストレス社会とも言われるぐらいですから、ストレスを感じないで暮らしていくことは、不可能といえるかもしれませんね。
まれに
「私はストレスを感じたことがない」
と豪語される方もいらっしゃいますが、ストレスというものを掘り下げて考えてみると、その方にとってはストレスが意識に上らないだけで、決してストレスがかかっていないわけではないのですよ。

ストレスという言葉そのものは、よく耳にもしますから馴染みのある言葉ではあるのですが、どういうものかを説明するとなると、イマイチ理解していないことに気付かされます。
そこで、今回は、ストレスに関して探検をしてみたいなーと思います。

ストレスは、「心的要因」、「身体的要因」、「環境的要因」の三つの要因によって発生します。
「心理的因子」は、個人の性格、気質、生活体験、情緒といった心に起因するもの。
「身体的因子」は、年齢、性別、身体特性、身体的な不調・異常など。
「環境的因子」は、仕事、人間関係、気候、天候など。

さらに、ストレスを定義すると、
「外的圧力に対する、内的圧力の変化応力」
ということになるそうです。

外の状態・環境と自分の中の状態・環境との適応において、上手く適応できていれば「ストレスを感じない」となるし、適応できないものであれば「ストレスがかかる」ということになるのです。

つまり、適応できる状態と適応できない状態との誤差を「ストレス」という事が出来るのです。

大雪が降って大変だとか、身体が痛いとか、嫌な上司がいる、というものはストレスを発生させる要因であり、ストレスそのものではありません。
ここが、多くの方がストレスというものを、勘違いしてしまっているところなのかもしれません。

自分の中の環境に不調などの変化があれば、同じ外環境でも、ストレスとなります。
イライラしたり、気分が落ち込んでいたりすると、同じ外環境でも、ストレスとなります。
自分自身の内環境が整っていても、外の環境に変化があれば、それがストレスとなります。

ということは、ストレスの大きさとは、内と外との適応におけるギャップの大きさということになりますから、「私はストレスを感じない」ということは、そのギャップが非常に小さい範囲で生じているところで、適応できているということになります。

ストレスとは、内と外との環境の変化の誤差で、身体的には、その誤差に適応するために持っている適応力がストレスに強いかどうかの鍵となります。

私達は毎日の生活の中で、様々なストレスの要因に遭遇します。

暑いや寒いといった気候的な要因。
通勤時の渋滞や満員電車。
職場での人間関係。
夫婦関係。
子育て。
恋愛。
嫁姑関係。
友人関係。
カラダの痛みや不調。
・・・・・
・・・・・
多すぎてとても書ききれませんが、普通に暮らしているだけで、非常に多くのストレス要因と出会うわけです。
こうしたストレス要因に対して、鍵となるのは適応する力ですから、適応できずに大きく反応することもあれば、うまく適応して小さく反応することもあるのです。

このストレス反応は、無意識下で行われます。

身体的な部分での適応反応は、
ホルモン分泌の変化。
呼吸数や心拍、血圧などの変化。
筋肉の緊張の変化。など
として現れます。

一連のこのストレスへの反応は、自律神経の交感神経の作用によって引き起こされるわけですが、これが繰り返し起こると、脳も緊張し、血圧、脈拍は上がります。
そして、筋肉も緊張状態となり、内臓へ行く血液は筋肉へとまわされ、内臓の働きは最小限のものとなります。
これが続くと、筋肉内には疲労物質がたまり、脳は酸素不足となり思考も低下し、全身的な疲労感を感じます。
さらに、内臓機能も低下したままになってしまいます。

こうしたストレス反応は、その種類を問わず起こります。
カラダはストレス要因の種類を選ばないのです。

どんな要因のものであれ、ストレスがかかると、脳の視床下部で感知して、脳幹に伝えられます。そして脊髄神経を介在して末梢神経から筋肉へと伝達され、筋肉の無意識的な緊張を引き起こします。
ストレスが極度に強かったり、あるいは継続的に蓄積されていくと、視床下部や、脳幹の機能のバランスを崩してしまい、ホルモンのバランスを乱し、免疫力を低下させたり、あるいは神経系の働きのバランスを崩してしまうというのもこのようなメカニズムがあるからです。
その結果、肩こりや腰痛といった筋骨格系の不調や、不眠症や心身症、内蔵機能の障害に発展していくのです。

一般に、ストレスは心の問題として扱われます。
しかし、心の問題として診ている限り、ストレスは目に見ることの出来ない現象となってしまいます。

ストレスの発生とその影響は、脳から筋肉へと伝達され、無意識的な筋肉の緊張を発生させます。
この無意識的な筋肉の緊張は、姿勢の変化として現れ、ゆがみの形成へとつながります。

ストレスは、その反応メカニズムに基づいて考えてみても、筋緊張の変化を引き起こすわけですから、筋肉の緊張の変化、つまり「身体のゆがみ」を診ていくことで、そのストレス要因までは特定できなくても、かかっているストレスの強さは、診ることが出来るのです。

「身体のゆがみ」を通じて、ストレスを診る。

いかがでしょうか。


ストレスと健康 | 14:35:20 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。