■プロフィール

たんぽぽ隊長

Author:たんぽぽ隊長
たんぽぽ隊長による健康探検ブログ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
慢性痛 ②
前回、慢性痛について触れましたが、今回はその続きです。


急性痛は、生理的状態における痛みですから、身体の組織に損傷や炎症などがあり、痛覚受容器(痛みをキャッチするセンサー)の興奮によって起こります。この興奮が神経線維を伝わって、痛みとして認識されるわけですね。
例えば、骨折したとか、打撲したとか、筋断裂したとか、微細であっても筋肉などに傷が生じたとか、出血した(血管が壊れた)とか、ヤケドしたとか、そういったことが当てはまるわけです。
慢性的な痛みの代表格として扱われていた関節リウマチも、実は免疫のトラブルによって、急性痛が日々新たに起こっているということのようですね。
これらの反応は、有害な刺激に対する何らかの組織障害を知らせる意味があるわけですから、まさしく警告信号なわけです。
ですから、痛みの引き金となる有害な刺激、組織損傷などが解除、回復されると、その役割を終え、速やかに消失してくれます。

しかし、慢性痛はこうした「警告信号としての痛み」、「症状としての痛み」ではありません。
慢性痛においては、急性痛のような痛覚受容器の興奮が起こっているのではなく、それ自体が警告信号としての役割を担っているわけでもなく、「慢性痛」という新たな病気としての側面を持っています。


慢性痛は、正常時には触・圧覚などと独立して作用している痛覚が、痛みが長期にわたって継続されることによって、脊髄などで混線状態を起こした状態に変化してしまい、この状態が痛みの原因となっているのです。
これを神経系の可塑性(かそせい)といいますが、これによって痛覚受容器を興奮させるような痛みの原因はないのに、痛み信号が起こってしまうわけです。

痛みが持続すれば、損傷した組織が治癒した後にも、慢性痛が生み出される可能性があります。
警告信号の役割を終えた痛みが、慢性痛症へ移行させないためにも速やかに取り除かなければなりません。
それが、適切に処置されず、痛みを継続させてしまうと慢性痛という新たな病気をつくってしまうのです。


慢性痛の痛みは痛覚受容器の興奮から始まる急性痛とは、まったく別のメカニズムによって引き起こされているわけですから、神経系の可塑性によって起こされている慢性痛の痛みに対して、よく急性痛の診断で見られるような「X線写真を見て特に問題がない」とか、そういったことは痛みの解消にはあまり役立たないように思われます。


これまで痛みに対しては、急性痛であれ、慢性痛であれ、それらを区別することなく、治療がすすめられてきたように思います。

慢性痛は、急性痛とは違って、神経系の構造的な変容があるにせよ、本質は神経系の働き方の誤作動(混線)なわけですから、急性痛と慢性痛の痛みを鑑別することが痛みの改善の重要な第一歩であるといえます。

急性痛においては、警告信号を発している原因を取り除くアプローチ。

慢性痛においては、そこで起こっている神経系のゆがみの広がりを食い止め、回復させるアプローチ。

つまり、神経系を正常に戻すためにその反応プログラムを変え、新しい反応プログラムを学習させていくことが必要なのです。
そのため、構造的な評価に偏らず、働き方、反応の仕方に注目した機能的な評価にもとづいたアプローチが有効なのです。






スポンサーサイト
痛み | 22:02:33 | Trackback(0) | Comments(0)
慢性痛
慢性痛というと、一般的には短期間で終わる急性痛に対して、長期にわたって起こり続けている痛みのことを指すと解釈されていることが多いようです。
急性の痛みが、治癒せず期間が長引いてしまっているものが慢性痛という考え方ですね。

しかし、痛みに対する研究がすすむにつれて、慢性痛は急性痛とは違ったメカニズムで起こっていることが明らかになってきました。
つまり、急性痛と慢性痛とでは、まったく別物の痛み現象であるということがわかってきたのです。

通常、急性的な痛みの場合、身体に外から有害な刺激が加わっていたり、体内で炎症や痛み物質などの分泌がなされていたりと、身体の内外問わず、痛みの引き金となるものがはっきりとしているものです。

ところが、慢性的な痛みの場合、実際には痛みを起こすような有害刺激にさらされていなかったり、炎症反応も存在していなかったりするケースが多く、これまで有効なアプローチがなされてきませんでした。

研究によって明らかになった慢性痛のメカニズムは、何かしらの痛みが十分に治癒せずに続いてしまうことがその始まりです。
これは、これまで考えられてきた急性痛が続いたものが慢性痛であるというものと変わりません。
ポイントはその後。
急性痛のように、痛み信号を起こすような刺激が絶えず起こり続けているのではなく、痛みが長い間続くと、痛みのシステムそのものに異常が生じて、痛みの原因がないのに痛み信号を発してしまっている状態が慢性痛の正体のようなのです。

慢性痛は、ゴムなどを絶えず引っ張り続けていると、そのうちもともとの弾力性が失われて、伸びっぱなしになってしまう現象と同じように、痛み信号がある期間、神経を伝達し続けていることで、痛みを起こす引き金が引かれていなくても、その継続性から、信号だけは送り続けられてしまう状態に陥ってしまっているようなのです。

つまり、痛みを伝える神経システムのトラブルが慢性痛ということになるのです。

こうした神経そのもののトラブルに陥ってしまうと、本来であれば痛みを感じないようなわずかな刺激でさえも、痛みを感じてしまうようになります。
痛みを伝える神経線維は脊髄に到達します。
この脊髄には痛み以外にも触・圧覚などの様々な刺激が入力されてきますが、これらはその感覚ごとに、きちんと入力される配線が決まっています。
6層あるうちで、通常は1層から2層は痛覚、3~6層に触・圧覚となっています。
ところが、痛みが続くと本来は3~6層にしか達していない触・圧覚の神経線維が、2層にまで伸びていってしまうようなのです。
これを中枢感作というようですが、こうなると、普段は痛みを感じることのない触覚や圧覚の刺激が、痛みとして中継されてしまいます。
軽く触れても痛いというような状態になりますから、痛覚過敏を引き起こします。

そして、痛み信号が脊髄へ送られると、脊髄反射を介して交感神経や運動神経に命令が送り、患部の血管を収縮させたり、筋肉のを収縮させたりします。
この脊髄反射を介した反応は、痛みがある限り続いてしまいます。
筋肉が過剰に収縮したり、血流が阻害されると、それだけで新たな痛みを引き起こしますから、それをさらに痛みとして知覚して、信号を送り続けていきます。
痛覚過敏によって、皮膚を軽く触れるような刺激でさえも、痛みとして認識されるようになっていると、全て有害な刺激と判断されますから、余計に悪循環に陥ってしまうのです。


痛みが長く続いてしまうと、本来あった痛みの原因が、仮に落ち着いていたとしても、神経システムのトラブルが起こり、慢性痛へと発展してしまいます。

何より、早期の痛みのケアが重要なのです。





痛み | 09:20:58 | Trackback(0) | Comments(2)
月経痛
月経時の疼痛は、子宮を構成する筋肉(子宮筋)の収縮によるものと考えられています。

このとき、子宮筋を収縮させる化学物質の一つとしてプロスタグランジンがあります。
このプロスタグランジンは、子宮内膜でプロゲステロン(黄体ホルモン)から産生されることが明らかになっています。
したがって、月経時におけるプロスタグランジンの濃度は、平常時より高値であると言えます。
月経血中へのプロスタグランジンの放出は、月経開始から48時間の間に起こるといわれます。
これは、月経痛が最も強い時期であり、プロスタグランジンによる子宮筋の収縮が月経痛の原因であることを示唆しています。

このように下腹痛は、プロスタグランジンによる子宮収縮によって引き起こされますが、月経時に見られる吐き気、嘔吐、腰痛、下痢、頭痛などの全身症状は、プロスタグランジンとその代謝物質が、子宮に限局せずに、全身に流入することに起因すると説明されています。
つまり、プロスタグランジンの産生量の差異が月経痛の発生に関連し、プロスタグランジンの産生量が多いほど、月経痛は強くなるということになります。


月経痛発来のメカニズム

①子宮内膜でプロゲステロン(黄体ホルモン)から子宮筋の収縮物質であるプロスタグランジンが産生される。

②子宮内膜が剥離した月経血中には多量のプロスタグランジンが含まれる(プロスタグランジンの過剰産生)

③プロスタグランジンによって子宮筋は過剰に収縮する。

④子宮筋の過剰収縮は、子宮血流量を減少させ、虚血(血行が悪い状態)となり、疼痛を引き起こす。さらにプロスタグランジンは、神経末端を刺激し、疼痛閾値を低下させ、痛みを増強させる働きもある。


ところで、このプロスタグランジンは、必須脂肪酸から作られるホルモンのような働きをする物質で、体内でリノール酸とα-リノレン酸から作られます。
プロスタグランジンは、痛みを増強させたりする働きのほか、炎症反応や血圧、心機能、胃腸機能、腎臓機能、血液凝固、アレルギー反応、神経伝達、各種ホルモンの産生に関係しているといわれています。
プロスタグランジンは、その構造により数種類に分類されますが、それぞれが上記のような働きを持ち、私達の身体にとって、大変重要な物質であると言えます。

月経痛のつらい痛みは、プロスタグランジンの産生量によって影響を受けているわけですが、どうしたら、上手なお付き合いをしていけるのでしょうか。

一般に、目立った疾患が無い状態で、月経痛などに処方される薬は、子宮内膜でのプロスタグランジン合成の抑制作用を持つ抗プロスタグランジン製剤や一般鎮痛剤などです。
抗プロスタグランジン製剤としては、インドメタシンやイブプロフェンなどを含む非ステロイド性消炎鎮痛剤(非ステロイド性抗炎症剤)が使用されているようです。
プロスタグランジンの産生を抑制することで痛みや炎症を抑える一方、正常な機能まで抑制してしまうため、長期間にわたり常用すると胃腸障害や腎臓障害などが起こりうるなどの副作用の問題が報告されています。

でも、「痛いのはつらい!副作用には目をつぶって薬を飲み続けようかな」とお悩みのアナタ、「生姜」はいかがでしょう。

生姜は、古来食用および薬用として非常になじみの深いもので、消化器系に対する強壮効果があると言われています。
生薬名は、ショウキョウといい、漢方薬の構成生薬としても高頻度に使用されています。
生姜の成分のジンゲロールやショウガオールは、プロスタグランジンの過剰な産生を穏やかにして、痛みや炎症を抑え、ガン細胞の増殖を抑制する作用をもっていることが研究により、明らかになりました。生姜の持つプロスタグランジンに対する効果は、インドメタシンなどに匹敵するとも言われています。

つらい月経痛。
この痛みのメカニズムをもう一度、おさらいしてみると

①子宮筋の過収縮

②子宮の虚血(血行が悪い状態)

③プロスタグランジンの過剰産生

ということになります。

このうち、①子宮筋の過収縮と②子宮の虚血には、骨盤調整が有効です。
一般に、骨盤に機能障害(いわゆる、ゆがみがある状態)があると、骨盤を構成している骨などから付着している筋膜や靭帯などによって吊り下げられている子宮には、大きな張力が働くようになります。
骨盤の調整によって、子宮にかかっている無理なストレスを軽減させることが出来ます。
さらに、背骨の調整を加えることで、神経系の働きを整え、子宮筋の収縮―拡張バランスを整えます。
また、腰部や臀部、下肢の筋を刺激することで血行を高め、骨盤内の虚血状態を改善します。
③のプロスタグランジン過剰産生には、生姜の摂取。
「生姜湯」または「生姜ティー」がオススメです。
生姜のサプリメントなども市販されていますが、「生姜湯」や「生姜ティー」は、身体をポカポカにしてくれますので、冷え性対策としてもバッチリ。これを、毎朝、一杯飲んでみてください。


特に疾患も無いのに、月経痛に悩んでいるという方、骨盤調整&生姜を試されてみてはいかがでしょう。
また、「最近は痛み止めも効かなくなってきた」という方にもオススメです。

痛み | 12:28:05 | Trackback(0) | Comments(0)
痛み考
 当院をはじめカイロプラクティックや整体で施術を希望される方の多くは、病院などで治療を受け、それでも回復できずに来院されるというケースが非常に多いようです。
来院される方々の主訴の大部分が、腰痛などの痛みです。

そして、来院された多くの方々からは、
 「歳のせいで骨が変形しているから」
 「軟骨がすりへっているから」
 「椎間板がつぶれているから」
 「MRIやX線写真を撮ったけど、原因はよく分からない」
といった声をよく聞きます。

このことは、通常病院での診断が、MRIなどの画像に基づいて行われており、

画像上認められた異常=痛みの原因

とされていて、患者さん自身も痛みの原因が、構造上の異常にあると思われている方が多いということを意味しています。

つまり、X線写真、MRI、造影法など画像として写し出されるものしか原因として認識されていない、ということです。

しかし、海外の論文などによると、何の症状もない健常者のMRIを見ても、加齢に伴い、椎間板(ついかんばん)の変性や膨隆、髄核(ずいかく)脱出や脊柱管(せきちゅうかん)狭窄(きょうさく)が増加しています。

これは、画像上の異常が認められるということと症状とが直接結びついてはいないことを示しています。

どうやら、来院される多くの方が原因だと思っている「加齢にともなう骨の変形」「椎間板のトラブル」などは、痛みの原因の全てとは言えないということのようですね。


それでは、構造上の問題が痛みの原因ではないとすれば、何が本当の原因なのでしょうか。

来院される方が悩んでいる痛みというのは、カイロプラクティックなどに不適応である脳内出血や骨折、悪性腫瘍、感染症などを除けば、構造(器質)のトラブルではなく、生理機能(働き方)のトラブルであると考えられています。
そして、その背景に、神経系、循環系、筋・骨格系などが絡みあっているのです。


カイロプラクティックなどの手技療法に適応する痛み(構造的に壊れていないのに痛みがあるというケースなど)を、生理学に基づいて分類すると以下のようになります。(多少難しい表現がでてきますが・・・)

<痛みの分類>
①侵害(しんがい)受容性(じゅようせい)疼痛(とうつう)
②神経因性(しんけいいんせい)疼痛(とうつう)
③機械的刺激による疼痛
④心因性疼痛


それぞれを説明すると・・・・

①侵害(しんがい)受容性(じゅようせい)疼痛(とうつう)・・・生体を侵害するような何らかの刺激が加わったことを知らせ、防御機構を発現させるのに重要な役割をもちます。
このタイプによる痛みは末梢性痛覚過敏の状態です。末梢性痛覚過敏とは、血漿(けっしょう)(血液の液体成分)から産生・遊離された発痛(はっつう)物質(ぶっしつ)ブラジキニンがセンサーにキャッチされた状態です。ブラジキニンは交感神経(こうかんしんけい)の緊張によって、動脈が収縮し、低酸素状態になると産生・遊離されます。
つまりこの痛みは
交感神経の緊張をひきおこす要因(外力、ストレス、寒冷、習慣など)
によって誘発されるのです。
さらに、一度生じた痛みは、痛みそのものが大きなストレスとなるため、交感神経の緊張を誘発し、痛みの悪循環を形成し、慢性化、習慣化、パターン化することがあります。そして、何かのきっかけで交感神経の緊張が高まったときに、再発を繰り返すようにもなります。

②神経因性(しんけいいんせい)疼痛(とうつう)・・・末梢神経が何らかの原因で圧迫あるいは絞扼(こうやく)されたりすると、神経系に異常が起きて発せられる痛み。
前述したように、末梢神経は骨、筋などに接するところ、あるいはこれらによってできたトンネルの中を走行します。したがって、仕事やスポーツなどによって一定の運動が繰り返されたり、全身的、あるいは局所的な原因でそのトンネルが狭まったりすることから神経が障害され、痛みやしびれを起こします。
特に背骨の間からは、運動神経や知覚神経だけではなく自律神経も出入りしていますので、内臓や血管などへの影響も強く現れます。
また、このような神経絞扼(しんけいこうやく)障害(しょうがい)においてはDouble crush syndrome(二重絞扼障害)といって、首の部分でトラブルがあると肘や手首などでも神経のトラブルが生じるケースも非常に多く報告されています。
つまりこの痛みは、
関節の機能性トラブル・筋緊張が神経系の圧迫や絞扼(こうやく)を引き起こすことによって誘発されるのです。

③機械的刺激による疼痛
大気圧と関節内圧との間の圧力勾配が変わって、関節張力が高まると発生する痛みです。梅雨時や寒くなったりすると出現する疼痛はこのケースです。
そもそも正常な関節には「関節の遊び」といって、車のハンドルにあるような多少の緩みが存在します。しかし、関節の動きが動き過ぎたり(可動性亢進(こうしん))、動く範囲が狭くなったり(可動性減少)、固定されたり(可動性消失)すると関節内圧が大気圧などの変化に対応できなくなったりします。
また、関節の可動性が亢進(こうしん)したり減少・消失することにともない、周囲の筋肉や腱・靭帯にも過剰な負担を招きます。
つまりこの痛みは、関節の可動性のトラブルによって誘発されます。

④心因性疼痛・・・心理的な要因で起こる痛み。
心と身体は切り離せないため、何が心因性かを特定するのは非常に困難に思われます。しかし、心理的なストレスなどが交感神経(こうかんしんけい)の緊張を生むことはよく知られていますから、上記①②③の原因となり得ます。


画像上、とくに問題は無くても、上記のようなトラブルが生じていれば、痛みは起こります。
というか、痛みってそういうものなんです。

よく言われるところの
「原因不明の症状」
とか
「特に異常は見当たりません」
というのは、「画像で映し出されるような構造的に壊れたところはありません」ということを指しているのであって、痛みの原因が本当に無いわけではないのです。

そして、万が一、そのような状態になってしまった場合には、機能的なトラブルである可能性が高いわけです。


構造が原因ではない痛みとサヨナラするには、以下の3つの取り組みが有効であると考えています。

①交感神経の緊張をおだやかにし、痛みの悪循環を断ち切る。
(循環の改善、筋緊張の緩和など)

②関節や筋の調整を通して、関節機能の回復を図り、神経への障害要因を取り除く。

③心身のリラクゼーションを図る。

背骨や骨盤・筋への調整は、上記の3要素を実現し、結果、痛みなどの不快な症状の本当の原因を取り除くための有効な手段となるのです。




痛み | 16:01:08 | Trackback(0) | Comments(0)
急性腰痛になったら
腰などが急に強い痛みに襲われ、動かさないように安静にしていると、かえって痛みが強くなったりした経験はありませんか。
そして、症状がしつこく長引いてしまった経験はありませんか。

過保護すぎるほどの安静は、痛みを強くしたり、長引かせたりもします。
動かさないと症状が悪化し、長引いてしまうその理由は・・・

これは、背骨などの関節のゆがみ、つまり関節制限によって引き起こされる現象で、「侵害刺激の入力の増大と、圧・動き刺激の入力の減少」と解釈されています。

発生した痛みの原因が、損傷からくる物理的な痛み、それに伴う炎症からくる化学的な痛みなど何であれ、これらはすべて「侵害刺激の入力の増大」をもたらします。

どんな原因であれ、ある痛みが発生すると、患部の筋肉の緊張は増します。
これによって筋肉由来の痛みも加わります。筋肉が緊張を増すと、血流も低下します。すると虚血性の疼痛が生じます。
こうして痛みは二重三重に増幅します。
血流の低下が進むと、患部の治りも悪くなり、筋緊張も持続します。
この結果、「痛みの悪循環」は引き起こされ、痛みの増大と慢性化が始まり、「侵害刺激の入力の増大」に拍車がかかるのです。

痛みをきっかけにした「侵害刺激の入力の増大」は、痛みの増大にとどまらず、いわゆる不定愁訴にまで発展していくんですね。
最初はちょっとした「痛み」であっても、残しておくとどこまでも発展してしまうので、早期の痛みの解消が重要ということにもつながっていくんです。

しかし、
「どこかを傷めてしまった」
これ自体は不可抗力的なものもあるでしょうから、そこで生じる「痛み」そのものはある程度は仕様がない部分もあるんですが、問題はその次なんです。

加齢に伴って、あるいは運動不足によって、人の身体は柔軟性を失っていきます。
柔軟性を失った身体は、ちょっとの拍子で傷めやすくなります。
すると痛みが生じます。
痛むと動きたくなくなるので、動かさないようになります。
結果、受傷部位付近の背骨や骨盤の関節が不動化します。
するとその周囲の筋群が、緊張を増したり、短縮したりなどといった状態に陥り、これがまた関節の不動化に拍車をかけます。
こうして「動かさない」から「動かない」へと進行していきます。

このような関節の不動化は、その周囲付近の組織からの圧・動き刺激の入力の減少をもたらすと考えられています。

すると、困るんです。

通常は、身体のあちらこちらでおこる「痛み」の感覚に対して、脊髄レベルでそれを適切な「圧・動き刺激の入力」によって抑制し、必要以上の「痛み」を脳では感覚しないで済むよう作用しています。
これが関節の不動化が起こることによって、抑制が効かなくなり、「痛み情報」の入力は増すばかりとなります。
ただでさえ侵害刺激が増しているところへもってきて、それを抑える役目を担う圧・動き刺激が入ってこないのでは、身体情報としては過剰なほど「痛み感覚」は脳へ入力されていきます。

見る見るうちに悪循環。

このように急性の腰痛を考えると、睡眠後に症状の悪化を引き起こしたり、安静にしてすごした後の動き出し(トイレに行くために身体を起こす、体勢を変える・・・など)といった際の困難さは、十分に理解することが出来ますね。
動かさないことで、症状は強く、長引いていくんですから。


身体を正常に機能させるには、関節がきちんと動いて、「圧・動き刺激の入力」が適切に行えているかが鍵になります。
不動化された関節があっては、あまりよろしくないのです。

痛みの結果として動かさなくなる、日ごろの運動不足で身体が固くなる・・・など「動かさない」、「動かない」といった状態は症状の長期化、慢性化や様々な不定愁訴の出現などの要因となりうるものですから、注意したいものですね。

過剰な侵害刺激と、過少な圧・動き刺激。

この悪循環で痛みは増すし、筋肉は緊張しまくるし、うまく動けなくて日常生活に支障をきたす、おまけにワケのわかんない不定愁訴まで招くなどなど、どうしようもなくなってくるんです。

これが私達がいうところの「関節のゆがみ」がもたらす不調・症状の本質なのです。
この悪循環を背骨などの関節を調整すると、不調がよくなっていくのもうなずけますよね。


繰り返しになりますが、急性の腰痛に襲われてしまった時に、どういう対応が望ましいかというと、無理をせず「動かすこと」なんですよね。
言い換えると「圧・動き刺激の入力 」を適時、行うこと。

このとき注意したいのが、痛いのを無理して行うことは絶対に避けるということ。
微小であれ、損傷の可能性があるので、それを無理して動かすことで、悪化させることは本末転倒ですから。

動かす方向は、痛みを感じない方向。
それも痛みを感じない動きの範囲で。
腰を曲げると痛くて、ねじることが大丈夫なら、痛みを感じない範囲でねじる。
そうすることで、その脊髄レベルへの「圧・動き刺激の入力 」がなされ、痛みの抑制にもつながります。

動きの方向は、アバウトでOK。少し反らし加減で、左に倒しながら右にねじる・・・なんていう動かし方でもいいんです、この場合。
「痛くない限りあらゆる方向」というのが、ポイントなのです。

そうすることで、痛みの抑制も起こるし、関節の不動化に伴うさまざまな悪循環もストップさせられます。
動かさない間に圧・動き刺激の入力減少がより顕著になって症状が進行するのです。

痛みを感じない範囲で、あるいは痛くない方向には積極的に動かす、これがポイントです。


・・注意・・
 もし、あらゆる姿勢において、それは立っていても、座っていても、横向き寝、仰向け寝、うつ伏せなど、安静にしている状態であっても、ズキズキとした痛みを変わらずに感じていたり、動かせる方向が全くないという場合には、内蔵疾患からの痛みであることもありますので、その時は至急、専門医へ。



痛み | 00:14:51 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。