■プロフィール

たんぽぽ隊長

Author:たんぽぽ隊長
たんぽぽ隊長による健康探検ブログ

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
お知らせ
現在、リニューアルに向けて準備中のため、しばらくの間、更新をお休みします。

よろしくお願いします。

なお、「たんぽぽ院長のつぶやき」は、ほぼ毎日更新中ですので、こちらもよろしくお願いします。

スポンサーサイト
未分類 | 00:01:12 | Trackback(0) | Comments(0)
慢性痛 ②
前回、慢性痛について触れましたが、今回はその続きです。


急性痛は、生理的状態における痛みですから、身体の組織に損傷や炎症などがあり、痛覚受容器(痛みをキャッチするセンサー)の興奮によって起こります。この興奮が神経線維を伝わって、痛みとして認識されるわけですね。
例えば、骨折したとか、打撲したとか、筋断裂したとか、微細であっても筋肉などに傷が生じたとか、出血した(血管が壊れた)とか、ヤケドしたとか、そういったことが当てはまるわけです。
慢性的な痛みの代表格として扱われていた関節リウマチも、実は免疫のトラブルによって、急性痛が日々新たに起こっているということのようですね。
これらの反応は、有害な刺激に対する何らかの組織障害を知らせる意味があるわけですから、まさしく警告信号なわけです。
ですから、痛みの引き金となる有害な刺激、組織損傷などが解除、回復されると、その役割を終え、速やかに消失してくれます。

しかし、慢性痛はこうした「警告信号としての痛み」、「症状としての痛み」ではありません。
慢性痛においては、急性痛のような痛覚受容器の興奮が起こっているのではなく、それ自体が警告信号としての役割を担っているわけでもなく、「慢性痛」という新たな病気としての側面を持っています。


慢性痛は、正常時には触・圧覚などと独立して作用している痛覚が、痛みが長期にわたって継続されることによって、脊髄などで混線状態を起こした状態に変化してしまい、この状態が痛みの原因となっているのです。
これを神経系の可塑性(かそせい)といいますが、これによって痛覚受容器を興奮させるような痛みの原因はないのに、痛み信号が起こってしまうわけです。

痛みが持続すれば、損傷した組織が治癒した後にも、慢性痛が生み出される可能性があります。
警告信号の役割を終えた痛みが、慢性痛症へ移行させないためにも速やかに取り除かなければなりません。
それが、適切に処置されず、痛みを継続させてしまうと慢性痛という新たな病気をつくってしまうのです。


慢性痛の痛みは痛覚受容器の興奮から始まる急性痛とは、まったく別のメカニズムによって引き起こされているわけですから、神経系の可塑性によって起こされている慢性痛の痛みに対して、よく急性痛の診断で見られるような「X線写真を見て特に問題がない」とか、そういったことは痛みの解消にはあまり役立たないように思われます。


これまで痛みに対しては、急性痛であれ、慢性痛であれ、それらを区別することなく、治療がすすめられてきたように思います。

慢性痛は、急性痛とは違って、神経系の構造的な変容があるにせよ、本質は神経系の働き方の誤作動(混線)なわけですから、急性痛と慢性痛の痛みを鑑別することが痛みの改善の重要な第一歩であるといえます。

急性痛においては、警告信号を発している原因を取り除くアプローチ。

慢性痛においては、そこで起こっている神経系のゆがみの広がりを食い止め、回復させるアプローチ。

つまり、神経系を正常に戻すためにその反応プログラムを変え、新しい反応プログラムを学習させていくことが必要なのです。
そのため、構造的な評価に偏らず、働き方、反応の仕方に注目した機能的な評価にもとづいたアプローチが有効なのです。






痛み | 22:02:33 | Trackback(0) | Comments(0)
慢性痛
慢性痛というと、一般的には短期間で終わる急性痛に対して、長期にわたって起こり続けている痛みのことを指すと解釈されていることが多いようです。
急性の痛みが、治癒せず期間が長引いてしまっているものが慢性痛という考え方ですね。

しかし、痛みに対する研究がすすむにつれて、慢性痛は急性痛とは違ったメカニズムで起こっていることが明らかになってきました。
つまり、急性痛と慢性痛とでは、まったく別物の痛み現象であるということがわかってきたのです。

通常、急性的な痛みの場合、身体に外から有害な刺激が加わっていたり、体内で炎症や痛み物質などの分泌がなされていたりと、身体の内外問わず、痛みの引き金となるものがはっきりとしているものです。

ところが、慢性的な痛みの場合、実際には痛みを起こすような有害刺激にさらされていなかったり、炎症反応も存在していなかったりするケースが多く、これまで有効なアプローチがなされてきませんでした。

研究によって明らかになった慢性痛のメカニズムは、何かしらの痛みが十分に治癒せずに続いてしまうことがその始まりです。
これは、これまで考えられてきた急性痛が続いたものが慢性痛であるというものと変わりません。
ポイントはその後。
急性痛のように、痛み信号を起こすような刺激が絶えず起こり続けているのではなく、痛みが長い間続くと、痛みのシステムそのものに異常が生じて、痛みの原因がないのに痛み信号を発してしまっている状態が慢性痛の正体のようなのです。

慢性痛は、ゴムなどを絶えず引っ張り続けていると、そのうちもともとの弾力性が失われて、伸びっぱなしになってしまう現象と同じように、痛み信号がある期間、神経を伝達し続けていることで、痛みを起こす引き金が引かれていなくても、その継続性から、信号だけは送り続けられてしまう状態に陥ってしまっているようなのです。

つまり、痛みを伝える神経システムのトラブルが慢性痛ということになるのです。

こうした神経そのもののトラブルに陥ってしまうと、本来であれば痛みを感じないようなわずかな刺激でさえも、痛みを感じてしまうようになります。
痛みを伝える神経線維は脊髄に到達します。
この脊髄には痛み以外にも触・圧覚などの様々な刺激が入力されてきますが、これらはその感覚ごとに、きちんと入力される配線が決まっています。
6層あるうちで、通常は1層から2層は痛覚、3~6層に触・圧覚となっています。
ところが、痛みが続くと本来は3~6層にしか達していない触・圧覚の神経線維が、2層にまで伸びていってしまうようなのです。
これを中枢感作というようですが、こうなると、普段は痛みを感じることのない触覚や圧覚の刺激が、痛みとして中継されてしまいます。
軽く触れても痛いというような状態になりますから、痛覚過敏を引き起こします。

そして、痛み信号が脊髄へ送られると、脊髄反射を介して交感神経や運動神経に命令が送り、患部の血管を収縮させたり、筋肉のを収縮させたりします。
この脊髄反射を介した反応は、痛みがある限り続いてしまいます。
筋肉が過剰に収縮したり、血流が阻害されると、それだけで新たな痛みを引き起こしますから、それをさらに痛みとして知覚して、信号を送り続けていきます。
痛覚過敏によって、皮膚を軽く触れるような刺激でさえも、痛みとして認識されるようになっていると、全て有害な刺激と判断されますから、余計に悪循環に陥ってしまうのです。


痛みが長く続いてしまうと、本来あった痛みの原因が、仮に落ち着いていたとしても、神経システムのトラブルが起こり、慢性痛へと発展してしまいます。

何より、早期の痛みのケアが重要なのです。





痛み | 09:20:58 | Trackback(0) | Comments(2)
痛いけど気持ちいい
手技療法などを受ける際に、その刺激が受け手にとって最適なものなのかどうかが、その後の反応におおきく影響することがあります。
最適かどうかは、受け手の意識下での反応と無意識下に置ける反応とをみながら施術者は、コントロールしていくわけです。
「言うは易し、行うは難し」で、熟練した名人の方は別としても、まだまだ発展途上にある者にとっては、受け手の状態や個性に合わせて、これをコントロールし使い分けるという作業が非常に難しさも感じ、また楽しさも感じさせてくれるものでもあるわけです。

そうした、刺激のコントロールを行っていくうえで、あくまで意識下のレベルにおいてですが、今の刺激が最適かどうか確認する場合、受け手の方に聞くというのが手っ取り早いわけです。
すると、
「強すぎて痛い」
「きつい」
「物足りない」
「気持ちいい」
「ちょうどいい」
なんていう答えが返ってくるのですが、中には
「痛いけど気持ちいい」
なんていう反応もあるわけです。

「痛いけど気持ちいい」、俗に言う「イタキモ」という感覚ですが、この「痛い」という感覚と「気持ちいい」という感覚、一見、相反するようなこの両者のミックスした感覚は、一度感じると病み付きになってしまうモノでもあるようなんですね。

そこで、今回はこの「痛気持ちいい」という感覚について探検開始。


「痛気持ちいい」という感覚~ある種の快感?~には、β―エンドルフィンという物質が関わっているといわれています。
これは、マラソンをしていて、途中苦しくなった状況の後に訪れるランナーズハイと呼ばれる陶酔状態にも関わっているとされる物質で、ケガなどの身体的な痛みや精神的な苦痛を感じているときに分泌されます。
筋肉や関節などを刺激されて、ちょっと痛いかな?なんて感じると、脳内ではβ―エンドルフィンが分泌され、やがてランナーズハイにも似た陶酔状態へトリップ、これが生理学的に見た「痛気持ちいい」の正体なのです。

また、脳における刺激の認知を行う部位でも「痛い」と「気持ちいい」の両者の感覚には、リンクしやすい理由があります。
それは、「痛い」刺激と「気持ちいい」刺激は共に、前帯状回皮質という部位で感覚されるのです。「痛い」は後方部、「気持ちいい」は前方部という若干の違いこそあれ、脳のほぼ同じ場所で感じているのです。
このため、「痛い」と「気持ちいい」がリンクされ「痛気持ちいい」という一風変わった感覚が生じやすくなっているようなのです。

施術家にとっては、受け手の無意識下での反応に基づいて、施術のコントロールをして、本人が気付かない所でカラダの状態を整えてしまうということは、この上ない醍醐味でもありますが、受け手の方からの「痛気持ちいい」というようなストレートな反応も、正直嬉しいものです。

ただ、この「痛気持ちいい」という感覚、β―エンドルフィンというモルヒネに似た物質が関わっておりますので、その心地よさが度を越して、施術者への極度の依存に変わらないよう、くれぐれもご注意下さい(笑)






身体感覚 | 00:12:04 | Trackback(0) | Comments(0)
こんな時だから、あえて納豆
あるある大辞典の打ち切りが決定しました。
納豆のダイエット効果にねつ造があったとの事ですから、社会的責任を考えると、当然なのかもしれません。

それにしても消費者の変わり身は早いものです。
「番組で取り上げた納豆のダイエット効果は、ウソでした」とわかると、それまで品切れ、品薄状態だった納豆が、山積みのまま残っていましたから。
納豆業者さんも、とんだトバッチリを受けたものです。

ただ、今回のねつ造事件。
納豆のダイエット効果に??が付いただけで、納豆そのものに健康効果があることは、まぎれもない事実。

ということで、今回は、こんなときだからこそあえて納豆を取り上げてみたいと思います。

まずは、納豆に含まれる栄養成分を整理しましょう。

タンパク質
脂質
食物繊維(水溶性)
食物繊維(不溶性)
ビタミンA 
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンE
ビタミンK
カルシウム
マグネシウム

亜鉛
カリウム
リノール酸
イソフラボン
レシチン
セレン
サポニン
ナットウキナーゼ、酵素類
ジピコリン酸
ムチン質


これだけをみても、多種多様にカラダに大切な栄養成分が豊富に含まれていることが分かります。
納豆は高タンパク食品でありながら、コレステロールがゼロ。
これが同じ高タンパク食品である肉や魚との大きな違いでもあり、生活習慣病などの予防改善にはうってつけの食品だったわけです。

そんな納豆の持つ豊富な栄養成分にも弱点があります。
それは、ビタミンAとビタミンC。
納豆にはビタミンAとビタミンCは含まれていないため、薬味としてビタミンA・Cを含む刻みネギを入れることで、補うことが出来ます。
しかし、これも特別目新しい食べ方と言うことでもありませんよね。
納豆に関する研究がすすむ前から行われてきたこの食べ方は、まさしく、先人の知恵と言えますね。
 

もともと、納豆そのものは、古くからある日本の伝統食です。
『畑のお肉』と言われている大豆のもつ健康効果は、平安時代の医術書として有名な『医心方』にも記載されているようですし、奈良時代、脚気にかかって寝起きも不自由になった僧が、「薬」にしたいから、大豆を一升ばかり支給して下さいと、役所に請願した文面も残っているようです。これだけを見ても、大豆そのものが健康食として、古くから重宝されてきたことが分かります。
その大豆を納豆にすることで、良質なタンパク質や繊維質をまるごと消化吸収しやすい状態で、摂取することが出来て、さらに、納豆菌や菌が作り出す多様な酵素も摂取することが出来ます。
また、成分によっては発酵の過程で増加するものもあるようです。

これだけの健康食品が、近年になって再び脚光を浴びるようになった、そもそものきっかけは、生活習慣病の予防・改善効果がある、ということからのようですね。
生活習慣病の改善・予防には、適切な食事と運動が不可欠。
こうした流れの中で、納豆に注目が集まるのは不思議ではありません。

それでは、納豆のもつ栄養性分の持つ効果をまとめてみましょう。

ナットウキナーゼ→血栓を溶かすため、脳梗塞、脳卒中、心筋梗塞などの予防・治癒などに有効

サポニン→血管柔軟にして、動脈硬化、高血圧などに有効

水溶性ペプチド→血糖値を下げるため、糖尿病を改善

リノール酸→悪玉コレステロール値を下げ、動脈硬化や心臓病を予防する

イソフラボン→ホルモンの役目を果たし、骨粗鬆症を防止

ビタミンK2→骨を丈夫にし、骨粗鬆症を防止

セレン→抗がん作用

レシチン→生活習慣病や記憶力の低下などの予防効果を示す可能性



また、納豆に含まれている主な酵素と、その働きをあげてみましょう。


プロアテーゼ→タンパク質をアミノ酸に分解する

アミラーゼ→デンプンなどの糖質を分解してブドウ糖に変える

リバーゼ→脂質をグリセリンと脂肪酸に分解する

セルラーゼ→センイ質を糖に変える働きをする

ウレアーゼ→尿素をアンモニアに変える



あらためて納豆について調べてみると、スゴイ食品だということが分かります。

ダイエット効果などの情報にねつ造があったにせよ、納豆の持つ健康効果そのものは、十分実証されています。

たとえ、即効的なダイエット効果などがなくても、摂り続けていたい食品であることは間違いありません。

健康やダイエットは、一日にしてならず。

ブームに踊らされすぎず、地道に健康と向き合っていかないといけませんね。





健康あれこれ | 11:26:54 | Trackback(3) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。